ご不要になったピアノを買取して貰うには

不要になったピアノを処分する方法は、大きく分ければ2つあります。
まず1つ目ですが、不用品回収の業者に依頼をする方法です。不用品回収の業者は、基本的に大抵のものは回収してくれます。例えば大きな物の回収してくれるのです。ところで不要な物を処分するとなると粗大ゴミという選択肢も浮上します。実際それで処分をしている方々も多数見られます。

ところがピアノとなると話は別で、粗大ゴミの買い取り対象外になる事がしばしばあるのです。例えばある東京地域の自治体では、ピアノは粗大ゴミの対象外と見なされています。処分が著しく困難だと考えられているからです。ですが不用品の回収の業者の場合は、たとえピアノでも問題はありません。

確かに不用品回収の業者も悪くはないのですが、実はその方法には1つデメリットがあります。費用がかかってしまうのです。不用品回収の業者によっても引き取り料金などは異なりますが、基本的には1万円前後はかかります。ピアノを運び出す状況などによっては、もう少し多くの費用がかかってしまう事もあるのです。となるとそれを不用品の回収の業者に依頼をするのではなく、別の業者に依頼をするという選択肢が浮上します。その1つが買い取りです。

買取の場合は不用品回収と違って、基本的に費用を支払うような事はありません。むしろピアノの処分を依頼している売り手の方が、お金を受け取る事になります。実際引越しなどを行っている方々は、買い取り業者から受け取ったお金を、引越し費用に充当している事もあります。不用品回収の業者の場合は、逆にお金を支払うことになってしまう訳です。

つまりそれがピアノ買取の業者のメリットの1つです。お金を節約したいというのは多くの方々が共通して感じている事の1つですが、費用の節約という意味では買い取り業者の方が良いでしょう。なおピアノを回収してもらう方法は、基本的には出張スタイルになります。買い取り業者が依頼主の自宅に来て、ピアノの引き取りをする事が多いです。

買取り業者が比較できるズバットピアノ買取

高額買取り業者が見つかる!

複数のピアノ買取業者に一括で査定を依頼することが可能です。各業者の査定額を比較することが出来るでその中から条件にあったところを選んで連絡を取ることが出来ます。少しでも高く売りたいなら比較をすることが重要になってきますので一括査定はかなりおすすめ!
詳細を見る

ピアノの買い取り手順と注意点

決して安い買い物ではなかったはずのピアノ。
なくなく手放すことになり、処分に迷っている方もいるかと思います。

ピアノの買い取りを行う業者は、多数存在しています。
手順をよく踏まえて、お得に、そして後悔がないように買い取って貰いましょう。

まず、見積もりを依頼する前に確認しておきたいのが、手放すピアノが買い取り可能かどうか、また、買い取り基準を満たしているかどうか確かめておきましょう。

一般的に買い手がつき易いのは、ヤマハ、河合などの有名メーカーのピアノや、使用年数、使用頻度が少なく、劣化が進んでいないピアノほど、高く売れる傾向にあります。

おおよそ、買い取りの目処がつくようであれば、メーカー、機種、そして製造番号、ペダルの数や色などを把握しましょう。これらの個体情報は、見積もりを行う際に必要ですし、買い取り価格を左右させる重要な項目です。

また、わざわざ調律や修理をする必要はありませんが、掃除はしておきましょう。他にも保証書、説明書や付属品なども、あれば用意しておきましょう。高値で買い取って貰い易くなります。

本体の劣化が激しい場合、業者がメンテナンスをしても、買い手が付きそうにないと判断されれば、かなり低い価格になることも考えられます。

ここまで準備が出来ましたら、実際に業者へ見積もりの依頼をしましょう。各業者によって買い取り価格はかなり変動しますので同時に複数業者に見積もり依頼をすることをお勧めします。

また、通常、ピアノの運搬費などの諸経費は、査定額から差し引かれるものですが、各業者のHPに記載がなければ、査定依頼時に確認しておくと良いでしょう

見積もりの依頼を受けた業者は、伝えられたピアノの情報を元に査定を行います。
査定結果は、後日に折り返しの電話やメールなどで提示されますが一括査定のように複数業者に依頼した場合、返答に時間差が生じますので即決せずにじっくり待ちましょう。

査定価格に納得がいけば、ピアノを引き取りに来てもらう日取りを決めます。日時指定が出来ますから、業者と相談して決めましょう。また、これはピアノ以外の買い取りにも言えることですが、必ず契約書が必要になります。

契約書は、査定額に合意した後、数日以内に業者から郵送されますので氏名、住所、代金の振り込み口座などの記入をします。

更に、免許証のコピーなどの本人確認書類を添付し、署名と捺印をします。
記入漏れなどの不備がなければ、業者へ返送しましょう。

ピアノの引取予定日には、運送業者が自宅を訪れ、梱包した後に運搬していきます。
2階などにピアノが設置されている場合は、クレーン車などを利用し、運び出します。
運送料や運搬費を別途徴収されることはありませんから、心配いりません。

数日後、ピアノが業者の元へ到着し、動作確認などのチェックが終われば、契約書に記入した口座へ、買取代金が振り込まれます。

以上が、ピアノの買い取り手順と注意点です。

買い取り業者は、売り手と買い手を繋ぐ、仲介業者だと考えれば良いです。ピアノのような大型楽器は、自分で処分すれば費用が掛かりますが、買い取り業者に頼めば費用が掛からず、更に売ることが出来るのです。

また、高値で買い取って貰うには、少し手間と時間を掛けることが大事ですが、有益な買い取りが出来れば、のちのち後悔することもないでしょう。

最近の記事

ページ上部へ戻る