店舗を持つピアノ買い取り業者

ピアノの買い取り業者は2種類に分類されます。1つは買い取り専門の業者です。店舗を持たない会社で、買い取りだけ行います。買い取ったピアノは工場はへ行き、主に海外へ向けて出荷されます。

もう1つは、店舗を持つ買い取り業者です。買い取りをしたピアノは工場へ行き、修理されたら海外へ出荷されます。それだけでなく、店舗でリサイクル品として売られます。そして音楽教室を営んでいる会社もあり、そこでピアノは活躍します。

倉庫だけのピアノ買い取り業者と、店舗を持つピアノ買い取り業者はどちらも変わりはありません。どちらも査定をして、ピアノを引き取りにやってきます。どちらがより高値でピアノを買い取ってくれるかは、あまり比べない方がいいです。店舗があってもなくても、その会社によって抱えている在庫の種類は異なります。また、どういった国に販売されるかで好まれるピアノの種類が違う可能性もあります。つまり、その会社によって好まれるピアノが違うかもしれません。そういった理由から、業者が店舗を展開しているかどうかは業者選びの基準にしない方がいいです。

ただ、店舗を展開していると安心して買い取りをお願いできるという人もいます。もしも店舗が近くにあれば、修理されて見事に甦った自分のピアノを見にいくのも楽しみですよね。または、音楽教室で生徒に囲まれているピアノを想像すると幸せな気持ちになりますよね。

そして、店舗があるという事は詐欺のサイトではないという可能性が高いです。ピアノ買い取りの詐欺とは、見積もりを高くして現地調査の後の最終的な査定額をぐんと低くする会社です。もしも店舗を構えているのであれば、そういった悪徳な会社はすぐにクレームがきて閉店に追い込まれます。

店舗があるから安心だと思えば、そこの業者に買い取りをお任せすればいいと思います。しかし、だからといって査定額が他社よりもぐんと上がる事はありません。もらうお金だけを見るのであれば、倉庫だけの会社も店舗ありの会社も一緒です。

関連記事

ページ上部へ戻る