ピアノを買い取った後の料金の払われ方は?

ピアノを売りたいと思ったら、買い取り業者を探します。買い取り業者は、一社だけではなくて何社か見積もるようにしましょう。そうする事で、売りたいピアノの買い取り相場が決まります。そして値段に満足したら、ピアノを引き取りにきてもらいます。そして買い取り金額をもらいます。

買い取り金額はピンきりです。10万円以上の値段がつくものもあれば、1万円ぐらいの買い取り価格になるものもあります。どのくらいの値段になるかはピアノの年式やメーカーで決まります。

買い取り値段に納得したらどのようにお金が支払われるかというと、大きく分けて2種類の方法があります。それは現金受け渡しか口座振り込みです。業者によってお金の払われ方は違います。また、同じ業者でも現金で渡す場合と振り込みにする場合があります。

なぜ現金で渡すのか、なぜ口座振り込みなのかという理由は業者にしか分かりません。現金でお金を渡せば、口座振り込みの手数料がかかりません。そういった理由からか、現金で手渡しする業者もあります。10万円以上もの買い取り価格がついたピアノでも、現金で手渡しをする業者はあります。そして、確かにお金を受け取りましたと一筆書く書類を渡されます。そういった書類があれば、後からまだお金をもらっていないなんていうトラブルは防げます。

口座振り込みにすると目の前での現金のやり取りがなく、スマートに取引きを終える事ができます。それに、ピアノを運搬する途中で現金を盗まれるというリスクを減らす事ができます。ピアノを運搬する事前にお金を振り込まれる場合もありますし、運搬が無事に終わったら振り込まれる場合があります。10万円以上もするものだと、口座振り込みの方が安心だという人もいます。手渡しだと、多額のお金を入金しに後から銀行に行くのがめんどくさいという考え方もあります。

現金を手渡しにするからといって、悪徳な会社とは限りません。現金手渡しにしろ口座振り込みにしろ、少しでも多くの金額を見積もりしてくれた会社を選ぶようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る